訪問介護と施設介護の違いについて

訪問介護は利用者の自宅や住居型施設に訪問をして介護サービスを行なう在宅型と言われる業種になります。

基本的には1対1でのサービスになりますので、ハードルが高いと思ってしまう方もいることでしょう。

では訪問介護で働くメリットとデメリットとはなんでしょう?
これについてはChatGPTに聞いてみました 笑
それをもとに編集しています。

<訪問介護で働くメリット>

① 個別のケア提供
訪問介護では、利用者の自宅に訪問し、個別のケアを提供することができます。これにより、利用者のニーズに合わせてカスタマイズされたケアを提供できます。

② 生活の質の向上
訪問介護は、利用者が自宅で生活し続けることを支援します。自宅でのケアを受けることで、利用者は快適な環境で生活し、自立した生活を送ることができます。

③ コミュニケーションの機会
訪問介護の仕事は、利用者と直接関わる機会が多いため、コミュニケーション能力を向上させることができます。利用者とのコミュニケーションを通じて、関係性を築くことができます。

④ フレキシブルなスケジュール
訪問介護の仕事は、シフト制やフリーランスとして働くことができる場合があり、自分のスケジュールを調整しやすいです。これにより、家庭や個人の予定に合わせて働くことができます。

<訪問介護で働くデメリット>

① 身体的な負担
訪問介護の仕事は、利用者の自宅を訪問するため、移動や介護作業による身体的な負担が生じる場合があります。ただその反面、移動時間なども考慮されており時給単価は高めに設定されています。

② ストレス
利用者やその家族との関係性やコミュニケーションがうまくいかない場合、ストレスが生じることがあります。また、利用者の状態の変化や突然の緊急事態に対応することもストレスを引き起こす要因となります。

③ 安定した収入の不確実性
登録ヘルパー(パート)として働く場合、訪問介護の仕事は収入の不安定さがあります。利用者の需要や契約状況によって収入が変動するため、安定した収入を得ることが難しい場合があります。これについては働く人向けの秘策がありますので後日お話ししたいと思います。

④ 感情的な負担
訪問介護の仕事では、利用者が病気や高齢である場合、その利用者の状況や将来に関する不安や悲しみを目の当たりにすることがあります。これにより、感情的な負担を感じることがあります。優しい方ほど家族のように感情移入してしまうケースがあります。日ごろから研修やメンタルケアが必要になります。

⑤ 労働時間の不規則性
シフト制の場合、労働時間が不規則であることがあります。夜間や週末、祝日などに勤務する必要がある場合があり、生活リズムの維持や家族との時間を確保することが難しくなることがあります。訪問介護に関してはパートの場合、曜日と時間で担当になる場合が多いので働けない曜日や時間帯を事業所へ伝えておけばそこにシフトをあてるような事はありません。

※メリット項目の5番目に「やりがい」についてがありましたが、やりがいについては私の方で削除させて頂きました。

訪問と施設の違い

訪問介護と施設介護との違いとして比較してみましょう。

(勤怠シフトについて)
訪問は、自分が働ける時間を曜日毎に細かく指定ができます。
施設は、毎月の希望休はあるとしても基本的にはシフト作成者で決定されます。

(給料報酬について)
訪問は、急な通院や入院などで穴が空き、その場合の給料補償はありません。
施設は、シフトで勤務しているので就業している時間は給料が発生します。

(社内の人間関係について)
訪問は、基本的にサ責や常勤との関わりだけでパート同士のやり取りはありません。
施設は、同日のシフトにより、やり取りは発生します。

他にもいろいろとありますが、上記のように違いがありご自分はどちらが合っているのかを考えてみるのも良いと思います。

関連記事

  1. サ責によってガラリと変わる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月間人気記事

  1. スタッフとの関わり方
PAGE TOP